体の疲れと心の疲れ

体の疲れと心の疲れを飛ばしてみよう!

体の疲れと心の疲れを飛ばしてみよう

 

体調が悪く、元気がないというのであれば、素直にお医者さんに相談するのが一番です。

 

本人は気がつかなくても、なんらかの病気の兆候があれば、早めに治すことがベストといえるでしょう。

 

しかし特に思い当たる原因がないのに、何となくダルいだとか、やる気が起きないなどと言った場合は自分でも気がつかないうちに、少しずつ疲れを蓄積してしまっているという事もありえます。

 

そんな時は「何もしない休日」を、作ってみてはいかがでしょう?

 

仕事でめいっぱい頑張って、休日は思い切り趣味で遊ぶというのも、理想的ですがそれでは内面的に癒されても、疲れはなかなか抜けなくなってしまっています。

 

自分の中で、一ヶ月に一度程度でも「この日は何もしない」と決めた休日を作り、家でひたすらごろごろしてみて下さい。

 

もし体の疲れに自覚があるのでしたら、その休みの前日の帰宅途中にでも、マッサージに寄ってみるのもいいですね。全身が凝っているという方には、強めな台湾式

 

足ツボマッサージや、タイ式マッサージ。

 

逆に普段から凝りなど自覚がないし、マッサージはぶり返しがあって心配というかたは、ソフトな英国式リフレなどが、おすすめです。

 

そして帰宅をしたら、お風呂にゆっくり入り、睡眠。

 

ゲームやパソコンなどをしてしまうと、あっという間に時間はたってしまうので、のんびり読書などをして一日を過ごしてみて下さい。

 

途中で「こんな時間の使い方もったいない」と思うようになってきたら、勿体無いと思えるだけの気力は回復してきているはずです。

 

アウトドアライフもいいけれど、たまには何もしない日で、元気を回復してみましょう。

 

てきぱき動けば元気が充填される!

 

元気を出すにはとにかく身体を動かすことです。これは別に、運動をしようと言っている訳ではありません。

 

嫌な事があって心が落ち込んだりすると、自然と身体の動きが鈍くなってしまう事はないでしょうか? 実は、心と身体は密接につながっていて、片方の影響をもう片方も受け取ってしまうのです。

 

これを逆手に取って、元気がない状態の時に敢えて身体をいつもより動かすのです。そうする事で心が身体に引っ張られて、元気が出てくるのです。

 

運動でももちろん構いませんが、簡単にできる事としては歩く速度を上げるのがいいです。意図的に背筋を伸ばし、早足でてきぱきと歩きます。最初は元気がないからやるのが億劫かもしれません。しかし、いざ歩き始めると、少しずつ心が軽くなる感覚が出てきます。そのまま続けていくと、身体の中からパワーが生まれ、元気が全身に満たされるようになるのです。

 

昼食に行く時にでも、ぜひやってみてください。午後からまた元気に仕事できること受け合いです。

 

 

美味しいものを食べれば元気になれますよ

 

仕事で失敗した時など、いつまでも落ち込んでなどいられません。だからそんな時には美味しいものを食べると、とても元気になれるのです。僕が好きなのは唐揚げです。

 

カラッと揚げてある唐揚げに、レモンをかけて食べる事が好きなのです。食べ物の中で一番好きなのです。

 

めったにないですが、僕は良く仕事で失敗します。まわりからも白い目で見られて、いつも仕事を辞めようかと思ってしまうほどです。

 

でもそんな事で辞めていたらいけない事はよくわかっているのです。だから気持ちに切り替えをするようにしているのです。それが元気になる方法でもあるのです。

 

音楽を聴いても元気になれません。映画を観ても、全くダメなのです。だからそんな時は思いっきり美味しいものを食べるようにしているのですこれが一番良い方法だったのです。

 

母の作った唐揚げをお腹いっぱい食べればいいのです。そんな簡単な事で、僕は元気になれるのです。

 

だからいつでも唐揚げを食べるようにしています。


ホーム RSS購読 サイトマップ