体の疲れと心の疲れ

体の疲れと心の疲れを飛ばしてみよう!

体の疲れと心の疲れを飛ばしてみよう

 

体調が悪く、元気がないというのであれば、素直にお医者さんに相談するのが一番です。

 

本人は気がつかなくても、なんらかの病気の兆候があれば、早めに治すことがベストといえるでしょう。

 

しかし特に思い当たる原因がないのに、何となくダルいだとか、やる気が起きないなどと言った場合は自分でも気がつかないうちに、少しずつ疲れを蓄積してしまっているという事もありえます。

 

そんな時は「何もしない休日」を、作ってみてはいかがでしょう?

 

仕事でめいっぱい頑張って、休日は思い切り趣味で遊ぶというのも、理想的ですがそれでは内面的に癒されても、疲れはなかなか抜けなくなってしまっています。

 

自分の中で、一ヶ月に一度程度でも「この日は何もしない」と決めた休日を作り、家でひたすらごろごろしてみて下さい。

 

もし体の疲れに自覚があるのでしたら、その休みの前日の帰宅途中にでも、マッサージに寄ってみるのもいいですね。全身が凝っているという方には、強めな台湾式

 

足ツボマッサージや、タイ式マッサージ。

 

逆に普段から凝りなど自覚がないし、マッサージはぶり返しがあって心配というかたは、ソフトな英国式リフレなどが、おすすめです。

 

そして帰宅をしたら、お風呂にゆっくり入り、睡眠。

 

ゲームやパソコンなどをしてしまうと、あっという間に時間はたってしまうので、のんびり読書などをして一日を過ごしてみて下さい。

 

途中で「こんな時間の使い方もったいない」と思うようになってきたら、勿体無いと思えるだけの気力は回復してきているはずです。

 

アウトドアライフもいいけれど、たまには何もしない日で、元気を回復してみましょう。

 

てきぱき動けば元気が充填される!

 

元気を出すにはとにかく身体を動かすことです。これは別に、運動をしようと言っている訳ではありません。

 

嫌な事があって心が落ち込んだりすると、自然と身体の動きが鈍くなってしまう事はないでしょうか? 実は、心と身体は密接につながっていて、片方の影響をもう片方も受け取ってしまうのです。

 

これを逆手に取って、元気がない状態の時に敢えて身体をいつもより動かすのです。そうする事で心が身体に引っ張られて、元気が出てくるのです。

 

運動でももちろん構いませんが、簡単にできる事としては歩く速度を上げるのがいいです。意図的に背筋を伸ばし、早足でてきぱきと歩きます。最初は元気がないからやるのが億劫かもしれません。しかし、いざ歩き始めると、少しずつ心が軽くなる感覚が出てきます。そのまま続けていくと、身体の中からパワーが生まれ、元気が全身に満たされるようになるのです。

 

昼食に行く時にでも、ぜひやってみてください。午後からまた元気に仕事できること受け合いです。

 

 

美味しいものを食べれば元気になれますよ

 

仕事で失敗した時など、いつまでも落ち込んでなどいられません。だからそんな時には美味しいものを食べると、とても元気になれるのです。僕が好きなのは唐揚げです。

 

カラッと揚げてある唐揚げに、レモンをかけて食べる事が好きなのです。食べ物の中で一番好きなのです。

 

めったにないですが、僕は良く仕事で失敗します。まわりからも白い目で見られて、いつも仕事を辞めようかと思ってしまうほどです。

 

でもそんな事で辞めていたらいけない事はよくわかっているのです。だから気持ちに切り替えをするようにしているのです。それが元気になる方法でもあるのです。

 

音楽を聴いても元気になれません。映画を観ても、全くダメなのです。だからそんな時は思いっきり美味しいものを食べるようにしているのですこれが一番良い方法だったのです。

 

母の作った唐揚げをお腹いっぱい食べればいいのです。そんな簡単な事で、僕は元気になれるのです。

 

だからいつでも唐揚げを食べるようにしています。

対象物が歪曲して見えてしまう白内障又は加齢黄斑変性など

花粉症対策の薬等々に取り込まれている抗ヒスタミン成分は、くしゃみないしは鼻水は鎮めますが、睡魔が襲ってくることが多々あります。すなわち、薬には副作用があると理解すべきです。
発見が遅れれば遅れるほど、死んでしまう確率が上昇してしまう肺がんの究極の危険要素はタバコで、タバコを手放せない人が肺がんに罹患する率は、タバコを手にしない人と対比して10倍を軽く超すこともあると聞かされました。
脳の病になると、手足のしびれだったり酷い頭痛といった症状が、セットのように現れることが一般的であるという報告があります。身に覚えがあるとのことで心配な方は、先生に診察してもらうべきです。
アルコールが要因の肝障害は、一瞬で症状を見せるものではないとされています。ところが、ずっと飲み続けていると、完璧に肝臓はダメージを受けるとのことです。
低血圧の場合は、脚もしくは手指などの末梢部位に位置している血管の収縮力が弱くなって、血液循環にも悪影響を与えるそうです。結果として、脳内に運搬される血液量も減ってしまうと聞いています。

睡眠障害に関しましては、睡眠にかかわる病気全部を多面的に指し示す言葉で、深夜の睡眠が妨げられるもの、頭が冴えわたっているべき時間帯に眠くてしようがないものもその一種です。
ガンというものは、ヒトの体のいたるところに発症する可能性があると指摘されています。肺や大腸や胃といった内臓以外に、血液・骨・皮膚などに発生するガンだって存在するわけです。
胃がんが発生すると、みぞおち辺りに鈍痛が出ることが多いと言われています。概してがんは、初めの内は症状が表に出ないことが普通なので、看過してしまう人が多いと言われます。
虫垂炎になる根本要因が何なのかは、現時点でも100パーセント解き明かされてはいませんが、虫垂内部に不要物が貯まり、そこで細菌が増殖することで、急性炎症に見舞われる病気だというのが通例のようです。
不規則な生活サイクルは、自律神経の秩序を乱す元凶となり、立ちくらみに見舞われることがあるのです。食事の時間や睡眠時間なども決めておくようにして、ライフスタイルを守るようにしましょう。

急性腎不全におきましては、効果的な治療と向き合って、腎臓の機能をパワーダウンさせた主因を克服することが実現できれば、腎臓の機能も元に戻るかもしれません。
ウォーキングと言うと、体の筋肉や神経を研ぎ澄ます有酸素運動というわけです。筋肉を強靭にするばかりか、筋肉そのものを柔らかくしますので、筋肉痛とは無縁の体になれるのです。
対象物が歪曲して見えてしまう白内障又は加齢黄斑変性など、押しなべて中高年になることが原因だと捉えられる目の病気は多々あるとのことですが、女性のみなさんに少なくないのが甲状腺眼症だと聞いています。
心筋梗塞は早い時間帯に見られることが少なくないので、起きましたら、一先ずグラス1杯ほどの水を摂りいれることをルールにして、「眠っている時間帯に濃度が上昇した血液を薄くする」ことが不可欠だと聞きました。
鼻呼吸ができなかったり、鼻の内側からたまらない臭いがするといった症状が生じる蓄膿症。驚くことに、花粉症などが元となって発症することも指摘されている、罹りやすい病気だと言えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ