大声で歌いながら

大声で歌いながら、長距離ドライブすれば元気回復!

大声で歌いながら、長距離ドライブすれば元気回復できると思います。

 

自動車のセールスをしていると、本当に落ち込みます。

 

先週、レクサスRXの購入を考えているお客様に車の説明やローンの話などをして結構いいところまで話が進んで、あと少しで契約に持ち込めそうでした。

 

ところが、何日か経過してお客様から携帯に連絡があり、「先日の件、やっぱり保留にします。

 

国産車よりもドイツ車のかっこよさに負けちゃってさ。すみません」と言われ、かなり落胆しました。

 

こういうケースは日常茶飯事です。一瞬、暗い気分になりますが、こういうときこそ長距離ドライブです。

 

夜中の高速を走るのは本当に気分爽快で、何も考えずに済みます。

 

しかも、ここでコツは好きな歌を大声で歌いながら、ハンドルを握ることです。

 

自分の場合、ドライブと歌との二重にストレスが発散できて、沈んでいた心がぱーっと晴れやかになり、モリモリ元気が出てきたのだと思います。

 

そして、ある時から、落ち込んでも自分を責めないようにしました。

 

そうすると、気持ちの切り替えも早くできるようになり、多少のことがあっても前ほど落ち込まなくなりました。

 

人生の絶望を乗り越える、遠回りだけど最も効果的な方法

 

みなさんは普段どれほどよく落ち込みますか?どのようにして前を向きますか?

 

僕は根がネガティブな方なので、ちょっとやそっとのことですぐに落ち込みます。

 

なにか仕事でミスして上司に叱られたり、友人が言った何気ないただの冗談を本気と捉えてしまったり。

 

ちょいちょい発作的に落ち込むことすらあります。とかくすぐに落ち込みます。

 

一度落ち込んだら、だいぶ後まで結構引きずってしまいます。僕は幼い頃からそんな感じでした。

 

常に自分に自信が持てなくて、暗い性格だったのです。もしもそのような人があなたの周りにいたら、なんと声をかけますか?

 

スポーツでもして、カラオケでもして、旅行でもして、ストレスを発散させようと言いますか?

 

ありがたいことに、僕にもそのように声をかけてくれる友人は多かったです。

 

一緒にサッカーでも観に行こう、ご飯でも食べに行こう。そう言ってくれる友人たちがいて、実際、僕は彼らがアドバイスをしてくれた通りにしました。

 

そして、一時的には頑張って前を向いていこうと思えることができました。

 

ただ、本当に一時的には、なのです。また時間が少しでもたてば、すぐにちょっとやそっとのことで落ち込んでしまう自分がいるのです。

 

根本的に元気が出ることはないのです。1年365日のほとんどで僕は絶望の日々を送っていたのです。

 

どうして自分はこうなのだろう?僕は一生、胸に黒い塊を抱きかかえたまま苦しんで死んでゆくのか?そう思って毎日を過ごしてきました。

 

しかしながら、絶望も長い年月を共にしていると、まるで自分の無二の友に思えるようになってきまして、ある日突然、こんな自分でもいいのではないか、と思えてくるようになったのです。

 

きっとこんな自分でいるのには意味があるに違いない。

 

こんな大袈裟なことまで考えられるようになったのです。

 

悩み絶望し、自分を否定しているうち、僕は知らず知らず自分と向き合い、自分を受け入れることができたのです。

 

絶望の向こう側を見ることができたのです。

 

だから、もしみなさんのなかに何か思い煩い、絶望の淵に立たされているひとがいたとしたら、もっと真正面から自分の悩みと向き合ってください。

 

自殺しない程度に、絶望してください。そうすればやがて絶望の向こう側が見えてくるはずです。

 

トンネルはいつか抜けることができるのですから。

 

あ。ちなみに根がポジティブなひとは、スポーツやカラオケなどに行ったほうが手っ取り早く元気になれるので、あしからず。

 

ともかく、絶望も悪くはないですよ。絶望は、よりよい人生を送るための希望たりえるのです。

 

 

 

心臓を握り潰されるような症状ばかりか

膠原病と言うのは、多種多様な病気を意味する総称だと言われます。病気それぞれで、深刻度あるいは治療方法も異なるわけですが、原則臓器を構成している細胞の、尋常でない免疫反応が原因だとのことです。
深い睡眠、正しい必須栄養成分の入った食生活をベースに考えてください。ハード過ぎない運動は、ターンオーバーや呼吸・循環器系機能を良くし、ストレス解消にも有用です。
連日笑顔を絶やさないことは、健全に生活するためにも意識するといいでしょう。ストレスの解消だけに限らず、病気治癒にも良い働きをするなど、笑うことには考えられない効果が満載です。
吐き気であったり嘔吐の誘因については、一時的な胃潰瘍であるとか立ち眩みなど、そこまで意識する必要の無いものから、くも膜下出血のような死ぬかもしれないという病気まで、様々あります。
自律神経とは、当事者の考えに左右されることなく、必然的に体全部の動きを一定にキープする神経で、「自律神経失調症」と申しますのは、その働きが鈍くなる病気です。

シルバーの方におきまして、骨折が大きな痛手と指摘されますのでは、骨折したが為に筋肉を使わない時間帯が生まれることで、筋力が弱くなり、歩行できない状態になる可能性が高いからです。
アルコールが原因の肝障害は、突然症状を見せるわけではないのです。とは言っても、ずっとアルコールを異常に摂り続けていると、その量に従って、肝臓には悪影響が及びます。
ALSと言いますと、筋萎縮性側索硬化症のことになります。どうして罹ってしまうのかはわかっていないようですが、症状が出てくる年を踏まえると、神経に関係する細胞の加齢が影響をもたらしているかもしれないと言われているそうです。
ストレスの多い方は、いわゆる「ストレス病」に陥りやすくなるとのことです毎日の暮らしを変えてみるとか、価値観を変えたりして、できる限り日頃からストレス解消をするようにしましょう。
生活習慣病と申しますと、糖尿病または肥満などとして認知され、昔は成人病という名前で呼ばれていました。食べ過ぎ、飲酒など、誰がなんと言っても常日頃の食の状況が相当関係していると指摘されています。

骨粗しょう症に関しては、骨を作る時に必要不可欠な栄養の成分であるビタミンD・カルシウムまたはタンパク質などが満たされていないことや、飲酒喫煙とか日光浴不足などが災いしてもたらされる病気だと考えられています。
心臓を握り潰されるような症状ばかりか、息切れがひどいとおっしゃるなら、「心不全」かもしれません。早急に手を加えるべき病気の一種です。
発見するのが遅くなると、死んでしまうパーセンテージがアップしてしまう肺がんのナンバーワンのデンジャラスファクターは煙草で、タバコを吸い続けている人が肺がんに見舞われる公算は、タバコを手にしない人と対比して、少なくとも5倍以上と公表されているそうです。
動物性脂肪を摂り過ぎてしまい、血管の内側に脂肪がくっ付いてしまう羽目になり、だんだん血管が詰まっていき、脳梗塞に見舞われるという流れが多いと聞いています。
糖尿病と言うのは、常に予防を万全にすることです。そうするために、口に入れるものを日本のトラディショナルな食事にスイッチしたり、気持ちの良い運動をしてストレスを除去するようにしてくださいね。


ホーム RSS購読 サイトマップ